How to make THE CAMP BOOK

キャンプブックが出来るまで。

株式会社リペアには内装でだけではなく、イベント事業部がある。
みんなが交わる場所を作る。その名も「THE CAMP BOOK」。
イベント事業部の発起人、株式会社リペアの執行役員でもある樋口大貴 氏にキャンプブックの立ち上げから仕事に至るまで語ってもらいます。

 

フェスを立ち上げるキッカケを教えてください。

– フェス立ち上げに至ったキッカケは?

樋口 :そもそも何故フェスを立ち上げたのか?キャンプが好きで、音楽も好きでそれを実現できたらいいなという単純な発想でした(笑) あとは新事業をやりたいというところで、今、出来ている事業部は、住宅に関わることは勿論、社長の考えにもあったかとは思っていました。その住宅に関わること以外でも何か仕掛けていいよ!と言ってくれたものに対し、実現している人がいなかったから、 それだけでは可能性が広がらない。今後の事業計画を立てる社内に対してのアプローチも踏まえて、この会社は本当に好きなことやらせてくれる会社なので、挑戦し甲斐のあるものを立ち上げました。やってみたら大変でしたけど(笑)

 

キッカケとなったフェスってあるんですか?

– フェスが好きになったきっかけのフェスは?

樋口 : もともとキャンプも音楽も好きだったんですが、 キャンプインフェスをやりたいな! と思ったキッカケ自体は、頂[イタダキ]フェスです。 そして、その後リペアの仲間と様々なキャンプフェスへ一緒に行けたことで、音楽や趣向の気が合う仲間と一緒に行くって本当に楽しいと感じて、フェス自体が好きになりました。 今年はインプットやリサーチも踏まえてフェスに行ってこようかと思います!

 

まず、何から始めるんですか?

– どのように進行していくんでしょうか?

樋口 : 場所を決めるところから始まるんです。でもそれがなかなか大変で。車で会場視察を相当数行きました。 できるなら会場は固定したいです。  あとはたくさん細かい仕事があって、それこそwebやzine、リストバンド発注だったり、洗い出したらキリがなく、たくさんありますね(笑) — フェスを計画する上で、これまでの仕事の経験はどう役立ちましたか? 『リペアでの内装業務でも段取りを組んで、コツコツこなしていくような仕事なんですが、フェスでもロケハンやブッキング、スタッフ配備、備品手配、施工管理など、全て段取りが大事な仕事なのでそう言った意味で考えると建築とすごく似ているところがありますね。 建築用語も頻繁に飛び交いますし準備や段取りですべて決まるのも似てます。ただやってみると初体験のことばかりで思うようにはいかなかったですが(笑)

 

-次回に続く

 

イベント事業部 / 執行役員

樋口 大貴 -DAIKI HIGUCHI -

高校卒業後、音楽活動を行う。その後、総合商社や運送会社を経て2011年9月に有限会社リペアサービスへ入社。鶴見店に配属の後、新規出店など様々な業務を経験し株式会社リペアの執行役員に昇進。
プライベートではフェスやキャンプに数多く足を運び、2016年5月にイベント事業部を立ち上げ2017年6月に野外フェス「THE CAMP BOOK」を初開催する。オーガナイザーとしてイベントのトータルプロデュースを担当。

® Archives 一覧