THE JAPANESE TRADITION TO THE FUTURE

古き良きモノを磨き上げる

新しい領域に挑戦を続ける株式会社リペア。
日本の伝統文化を現代にアレンジメントし、正しい形で伝える。
そんなこだわりを持ったブランド「FUKUIKU」を展開する野本和希氏に
事業スタートのきっかけや今後の展望をお聞きしました。

主な仕事内容について教えてください。

– どんなところでお茶は購入できますか?

野本 : ネットショップや取り扱い店で購入できます。取り扱い店は、主にカフェやライフスタイルショップなどです。今後は店舗独自のお茶の生産や期間限定商品の開発、コラボレーション企画なども行っていきます。また、イベント出店も積極的にしていきます。

FUKUIKUの考えや想いについて教えてください。

– 大切にしていることや考え、想いについて教えてください。野本さんにとってお茶の魅力とは?

野本 : 味のコントロールが出来ること。お茶は種類/お湯の温度/お湯の量/茶葉の量などによって味が大きく変わります。 その時の気分によって、お茶の味を自由に変えることができること。

FUKUIKUのこれからについて語ってください。

– 今後のやりたいこと、展開をお聞かせください。

野本 : 世界展開できるような日本茶ブランドにしていきたいです。ただものづくり事業部としては、あくまでお茶はカテゴリーの一つなのでコンセプトの「日本の伝統を未来へ紡ぐ」を軸に世の中のライフスタイルに合う商品展開をしていきたいですね。

ものづくり事業部 / 事業部長

野本 和希 - KAZUKI NOMOTO -

アパレル業界にてショップスタッフ、EC業務を担当。2016年、リペアに入社。
リユース事業部「CampFan」、「ReuseFan」事業長を経て2019年2月にものづくり事業部「FUKUIKU」を立ち上げる。

® Archives 一覧